相続税は支払わなければいけない

相続税は必ず支払わなければいけないものなのか? - 相続税を支払う人はお金持ちなのか

新着情報

●2015/06/23
相続税を支払う人はお金持ちなのかの情報を更新しました。
●2015/06/23
5年以内なら相続税が戻ってくるの情報を更新しました。
●2015/06/15
企業内容を新規投稿しました。
●2015/06/15
相続税対象者の増加に伴うビジネスチャンスの情報を更新しました。
●2015/06/15
実際に相続税を支払うのは国民の何%の情報を更新しました。

相続税を支払う人はお金持ちなのか

相続税を払う?お金持ちのイメージでしょう。つまり子供に残せる不動産、現金、債権類などがある証拠だからです。
庶民には借金しかない?住宅ローンが残っている!これは子供に残せない?
とはいえ本当に、相続税を支払う人は、お金持ちなのでしょうか。

どれくらいの金融資産を持っているか

実際に私たちは、どれくらいの金融資産を持っているのでしょうか?
日本銀行内にある金融広報中央委員会が実施した「家計の金融行動に関する世論調査(2014年)」によれば、2人以上世帯の金融資産保有額の平均値は1182万円!
我が家にはそんなにないよ?
もちろんこれは平均値なので、少数でも大金所有者がいれば、平均値は上がってしまいます。
しかし全員を少ない順に並べた時の真ん中の人の金額、いわゆる中央値は400万円!
それくらいはあるかな?なんとか納得してもらえそうです。
とはいえ400万円は金持ちか?病気や怪我で入院!そうなったら足りない?心細くも感じます。

支払う人はお金持ち

一方で相続税が課される人はどのような人か?
どんな税金にも、会計上経費に相当する基礎控除額が決められています。
相続税の基礎控除額は、1件当たり3000万円です。つまり相続財産のうち3000万円を超えた分にだけ、相続税が課されるのです。
ならば?ほとんどの人は相続税と関係ない?やはり相続税を支払う人はお金持ちなのでしょう。

土地がどう評価されるか

もちろん金融資産があれば、その一部を税金として支払う!誰もが納得できるシステムです。
しかし問題なのは土地や家屋です。
土地の評価は、実際に売れる金額ではなく、地価で決まります。つまり売ろうとしても売れない土地だけど、地価が高ければ、それだけの資産を相続することになってしまうのです。
多くの人は、土地がどう評価されるか?それに戦々恐々しているのが実態でもあります。

相続税を払う人は

htrsyjrthrs
このように相続税を払う人は?お金持ちというより、土地持ちなのでしょう。
なお現在も住み続けている家であれば軽減措置があります。
詳しくは税務署などで尋ねてみましょう。
日本には莫大な借金があります。1000兆円!庶民には実感のない金額です。
そのため誰も真剣になっていない?本当に返せるのか?返せなかったら世界中がパニックになる?そんな議論もあります。
だから相続税が改正された?しかし相続税は国家財政を救ってくれるのでしょうか。

相続税の税収は

財務省による「平成27年度租税及び印紙収入概算」の資料を見ると、平成26年度の当初予算額は、国税全体が50兆0010億円です。そのうち相続税は1兆5450億円です。つまり国税に対して相続税はわずか3.1%に過ぎません。
ではこれが平成27年度、すなわち相続税が改正された後はどうなるか?
国税の総額は、アベノミクスによる景気回復や消費税の増税によって54兆5250億円にアップすると予測されています。一方で相続税は1兆7610億円!前年に比べて約2160億円増える予定です。とはいえ割合は3.2%?全体に比べると、相続税は重要な税金なのか?難しい判断です。

甘い期待はできない

現状において相続税の税収が倍増しても?国庫に対する影響はあまり変わらない?ならば今何故相続税を改正する必要があるのでしょうか?
もちろん3%なら微々たるものです。しかし消費税が5%から8%へアップした時、家計へのインパクトは意外にも大きかったでしょう。3%といっても侮るべからず。徐々に響いてくるのでしょう。
今回の改正で国の借金が完済できる?甘い期待はできません。とはいえできるところは頑張ろう!そういう政府の姿勢があるのでしょう。

将来世代にツケは残さない

将来世代にツケは残さない!そういう意味でも過去の世代から?相続税として徴収し、未来の世代のために税金を使う!考え方は正しいのでしょう。
もちろん儲かっている企業から法人税を徴収した方が国家財政に対する影響力は大きい!とはいえ法人税を上げると会社が海外に逃げてしまう?結局日本に残っていると損するのか?
それでも日本を愛するなら、日本の未来や我が子たちのために頑張りましょう。
相続税申告でお困りの方!
相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】
http://chester-tax.com

税理士法人チェスターで悩み解決!

Copyright(C)2015 相続税は支払わなければいけない All Rights Reserved.